2018年8月31日金曜日

配当等のまとめ 2018年8月分


こんばんは。けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。


今月(2018年8月)の配当をまとめます。



   配当 2018年8月


ソーシャルレンディングの分配金の合計は

元本:1,805,073円
利息:95,991円
源泉税:19,534円
税引後利益:76,457円

でした!


次に、株式・ETF・REITは

配当:141,528円
源泉税:26,391円
税引後利益:115,137円

でした!

これらの合計利益は 191,594円 でした!(税引後)


この他、区分マンションを賃貸に出しており、経費を差し引いた後で約14万円が入りました!
(※別途固定資産税や保険料等がかかります)




   投資状況 2018年8月末


ソーシャルレンディングの運用額(8/31)は・・・

maneo  10,198,481円
SBIソーシャルレンディング  5,792,012円
TATERU Funding  6,400,000円
OwnersBook  3,579,502円
LC LENDING  2,401,096円
Crowdcredit  839,472円
Lucky Bank  705,960円

合計 29,916,523円


次に、株式等の保有銘柄と評価額(8/31)は・・・

(1345)上場Jリート  1,423,200円
(1476)iSJリート  898,000円  
(1555)上場Aリート  8,010,000円  
(1566)上場EM債   6,051,500円
(1595)NZAM東証リート  178,500円  
(1597)MAXISJリート  1,077,000円
(1659)iS米国リート  1,451,100円  
(1660)MXS高利Jリート  608,400円
(1677)上場外債  8,016,000円  
(2511)外国債券ヘッジなし  673,400円
(2515)外国リートヘッジなし  1,510,500円
(2519)新興国債券ヘッジなし  98,500円
(3197)すかいらーく  158,700円
(8267)イオン  240,650円
(8967)ニホンロジ  211,300円
(9281)タカラインフラF  120,000円

合計 30,726,750円 


※投資信託も保有していますが、ここには入れていません。


(1566),(1677)等の外国債券ETFの値下がりがきつくなってきました・・・。
含み損が大きくなると嫌なものです。

ソーシャルレンディングは値動きが無くて良いのですが、突然「延滞」になってしまう事がありますしね。

投資している以上、リスクは受け入れるしかありません。
長い目で見て、全体としてプラスになれば良いのですが。


以上、ありがとうございました!

投資方針 (20180831)

※この記事は、旧ブログの記事を一部修正して移動したものです。

こんにちは。 けんす です。

けんす の2018年8月31日現在の投資方針について記載したいと思います。
※あくまでも個人的な投資方針です

けんす は現在「インカムゲイン」を得る事を主な目的として分散投資しています。




   インカムゲインキャピタルゲイン


インカムゲインとは、資産を所有する事で生じる利益です。

・株式の配当金
・不動産の家賃収入
・預金の利子  等

これに対しキャピタルゲインとは、資産を売買する事で生じる利益です。

・株式の売買
・不動産の売却
・外国為替取引(FX)の差益  等

インカムゲインが中心になっている理由ですが・・・キャピタルゲイン狙いが難しいからです😥

けんす には華麗に売買して利益を得る才能は無かった・・・。あきらめずにFXで勉強中ですが。

買った株式を含み損(買った価格よりマイナスの状態)のまま保有しているのは嫌なものでした。
「頼む、(買った価格に)戻ってくれ・・・」
けんす の個人的な祈りなど関係なく上下する株価。 毎日気になってしまう!
しかし、比較的配当が高い銘柄は、評価損益がマイナスでも、「まぁ、配当が入ってくるしな・・・」と少し落ち着く事ができました。
このような経験を繰り返し、現在はインカムゲイン狙いがメインとなっています。



   インカムゲインを狙う銘柄


けんす が狙う銘柄ですが、分散投資も意識して下記のようなものになっています。

・外国REITのETF
 2515 外国リートヘッジなし をメインに考えています。
 S&P先進国REIT指数(除く日本)が対象、信託報酬も0.1836%と低いです。

・外国債券のETF
 2511 外国債券ヘッジなし をメインに考えています。
 シティ世界国際インデックス(除く日本)が対象、信託報酬も0.1296%と低いです。

・日本のJ-REIT (ETF含む)
 1476 iSJリート 東証リート指数が対象、信託報酬0.1728%
 1660 MXS高利Jリート 野村高利回りJリート指数が対象、信託報酬0.27%
 あたりをメインに考え、個別REITは格付け・利回り・NAV等を参考に検討します。

・クラウドファンディング
 TATERU FUNDING
 maneo
 SBIソーシャルレンディング
 OwnersBook
 がメインとなっています。

 CROUDCREDIT は運用成績が安定しない為撤退します。
 LuckyBank は現在延滞中ですがどうすることもできません。
 RENOSYで投資したいのですが、第1号ファンドは倍率12倍、第2号ファンドは倍率11倍の抽選になってます。当選すればよいのですが・・・😓



   購入タイミング


現在、株式市場は高値圏で停滞中ですね。
今後は下落するのか?再度上昇するのか?
わかったら苦労しないですね・・・。

ETFやREITは、株式市場が大きく下落して安くなった時に仕込みたいですね。
株式市場が大きく下落するまで、しばらくの間はクラウドファンディングでつなごうかと思います。

更に大幅に下落した時には、日本株のETF・外国株のETFも狙いたいと思います。
その頃になったら、クラウドファンディングから株式に資金を一部移す・・・と考えています。

以上、ありがとうございました。


【アフィリエイトリンク】
ネット証券No.1 SBI証券

2018年8月28日火曜日

不動産賃貸失敗のおはなし

※この記事は、旧ブログの記事を一部修正して移動したものです。

こんにちは。けんす です。


けんす の過去の投資失敗の事例について紹介します。

けんす は現在、ソーシャルレンディング、株式、ETF、REIT、不動産賃貸、FX、ロボアドバイザー 等の投資を行っておりますが、できるだけ「分散投資」を心がけてます。


・ソーシャルレンディングなら、事業者の分散、案件の分散

・ETFなら、対象地域(国)の分散、対象商品(株や債権やREIT)の分散

・現物GOLD、純金積み立て、現物不動産


「分散投資」については以前から知ってはいましたが、ある出来事を経験した事により、更に「分散投資」の重要性を意識するようになりました。その出来事について紹介します。


けんす は以前は区分マンション(マンションの1室)の賃貸を2件行っておりました。(現在は1件のみ)

2件合わせると毎月30万円程度の家賃収入がありましたが・・・ある大きな問題に巻き込まれてしまいました。



   2015年3月 東洋ゴム工業 免振材データ改ざん 認定取り消し


区分マンションは2件とも免振仕様でしたが、このうち1件がこの免振不正に該当していました。

免振ゴムの性能がやや不足しているとの事で、直ちに住めなくなるわけではありませんでしたが、以後どうなるのかは、はっきりしませんでした。
(おそらく免振ゴムを交換する事になるだろうが、いつ工事できるかは不透明な状況でした。)
※2018年8月現在、対象となった建築物の半数以上について免振ゴムの交換・改修が進んでいるようです



   賃貸はどうなる?


免振不正発覚当時、対象の区分マンションには入居者がいらっしゃいましたが、住めない状態ではなかったためか、しばらくは影響はありませんでした。(家賃減額などもありませんでした)
しかし、しばらくしてから転勤の為か退去する事になりました。

すぐに新しい賃借人を募りましたが、なかなか決まりません。
契約の際には、必ずこの免振不正の件を伝えなくてはなりません。かなり不利な状況に追い込まれました。
※賃貸契約がほぼ決まりそうなところまで話が進んでいた方も、最終的には契約不成立になりました。免振不正の影響かは不明です。



   不動産の処分へ・・・


賃貸物件は、空室のままだと管理費や修繕積立金などの分で毎月赤字になります。
「このままどうなるかわからない状況で、赤字を垂れ流すくらいなら・・・」


けんす はこの区分マンションを売却してみる事にしました。

売却に出してからはそれなりに反響があり、意外と早く売却できました。(弱みがあるので焦って安くしすぎたかもしれません・・・)
金銭的にはかなり損をしましたが、長く続く不安からは解放されました。
株やFXで損切(実損が出る決済)には慣れていますし、これで良かったんだ・・・と思うことにしました。



   失敗から学ぶ


卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。
カゴを落としたら全部割れてしまうではないですか・・・!
10個のカゴに分けていれば、1つのカゴを落としても、まだ卵の90%は残ります!
残った卵を育てればいつの日にか親鳥になり、また卵を産みますよ!

むかしの自分に言ってやりたい! ですが、実際に経験しないとなかなか腑に落ちないのですよね・・・。
投資で致命傷を負ってはいけませんよね。かすり傷なら復活できます。

この免振不正を個人投資家が事前に見抜くことはできないと思います。

けんす の反省点は免振不正を見抜けなかった事ではなく、1つの投資案件に資産を集中しすぎた事だと考えます。

莫大な資産があり、区分マンションくらい安いもんだよ~何室も買えるよ! という方には問題ないのでしょうが・・・。


サラリーマンに不動産投資をすすめる業者もありますが、個人的には、「銀行から多額のお金を借りて不動産投資する」のは怖いですね。
短期的にはうまくいくかもしれませんが、30年のローンって長いですよね・・・。まぁ、けんす はもう借りれませんが😅
不動産投資をする場合は、かなり余裕を持った計画の方が良いかと思います。


以上です、参考になれば。

2018年8月22日水曜日

ソーシャルレンディング分配(LCLENDING20180822)


こんにちは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

ソーシャルレンディングのLCLENDINGから分配がありました。


   分配(2018/8/22)


 元本 318,406円
 利益 585
 源泉税 117円
 税引後利益 468
LCLENDING ウェブサイトより

2018年に入ってからの税引前利益の合計は
76,355円 になりました。
(税引後利益は 60,838円 です)



   再投資へ


ここ最近は LCLENDING への投資は様子見としてました。
しかし、maneoマーケット への行政処分の内容が 、LCLENDING には影響しないものと判断し、口座にある資金を再投資する事にしました。

再投資のファンドは次の3つです。

・LCGF420号
・LCGF424号
・LCGF425号

すべてLCホールディングスの連帯保証付きです。
利回り 6.25%
期間 12ヶ月

連帯保証付きなので、資金の安全性はLCホールディングス次第ですね。
LCホールディングスが存続しているうちは損はしないハズ・・・。


再投資後の口座情報はこのようになりました。
LCLENDING ウェブサイトより

運用中金額が 約155万円
申込中金額が 85万円

合計 約240万円 の運用額になります。
あとはLCホールディングスに問題がおきない事を祈ります・・・。


以上、ありがとうございました。

2018年8月20日月曜日

SBIソーシャルレンディング 明日、明後日のファンドは見送ります


こんばんは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

ソーシャルレンディングの人気事業者、SBIソーシャルレンディングですが、8/21と8/22、連日のファンド応募があります。

8/21 10:00~
 SBISL不動産バイヤーズローンファンド25号
 予定利回り 6.5%
 運用期間 約12ヶ月 
 
8/22 10:00~
 SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 19号
 予定利回り 6.5%
 運用期間 約12ヶ月

今までですと、「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus」 に応募してたところですが、今回は見送る事にします。



   見送る理由


・現在延滞が発生している「SBISL不動産バイヤーズローンファンド」は、6ファンドに210万円を分散投資したにもかかわらず、6ファンド全てが延滞になりました。
※210万円の内、延滞対象の資金は約96万円です。

→ リスクの分散(借手の分散)が効かない(ファンドが異なっても、同じ事業者に貸付ける事になってしまう)

・「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus」 シリーズも、借手の数は多くはないと思われます。

・また、「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus」は、常時募集している「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」と同一の借手です。

→ けんす は、SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus」に約170万円、「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」に約207万円をすでに投資しておりますが、どの借手にどれ程偏っているのかが不明です。


・・・と、いうわけで、借手1社で延滞が発生すると、もしかしたら200万円近くが延滞対象になるかもしれないような怖い投資はできません。

A社、B社、C社・・・等でもよいので分散の状態を把握できるまで、または、投資額が今の半分程度になるまでは投資を控えたいと思います。

現在の条件だと、「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus」と「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」あわせて200万円くらいまでですかね・・・投資しても良い額は。
このくらいなら、仮に1社が延滞となっても、延滞の対象になるのは100万円いかないのでは・・・? わかりませんけどね。


以上、ありがとうございました。

2018年8月17日金曜日

ETFの配当いただきました (20180817)


こんばんは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

投資しているETFの配当をいただきました。
写真のように、「収益分配金関係書類」が送られてきます。今回は5種類でした。



(1345)上場インデックスファンドJリート
受益権口数:800
1口あたりの収益分配金:10.06円
収益分配金:8,048円(税引前)

(1555)上場インデックスファンド豪州リート
受益権口数:5000
1口あたりの収益分配金:9.20円
収益分配金:46,000円(税引前)

(1566)上場インデックスファンド新興国債権
受益権口数:125
1口あたりの収益分配金:486円
収益分配金:60,750円(税引前)

(1660)MAXIS高利回りJリート上場投信
受益権口数:65
1口あたりの収益分配金:80円
収益分配金:5,200円(税引前)

(1677)上場インデックスファンド海外債券
受益権口数:160
1口あたりの収益分配金:126円
収益分配金:20,160円(税引前)


合計 140,158円(税引前)

ここから税金が 26,114円 ひかれ、114,044円 が入りました!
※NISA口座で保有している分は税金がかかりません


これらのETFは配当が目当てなので、基本的には保有しっぱなしですが・・・最近の株価の下落がやや気になります・・・。
特に、債券のETFの下落が大きく、心臓に悪いです。
がまんがまん・・・。

以上、ありがとうございました。


【アフィリエイトリンク】
ネット証券No.1 SBI証券

2018年8月15日水曜日

ソーシャルレンディング分配 (SBIソーシャルレンディング20180815)


こんにちは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

本日は SBIソーシャルレンディング から配当がありました。

 元本 669,090円
 利息 24,310円
 遅延損害金 769円
 源泉税 5,106円
 税引後利益 19,973円


SBISLウェブサイト 口座情報画面の一部です。 ※長いので一部のみのせます。


SBIソーシャルレンディングには預り金の制度がないので、(原本+利息-税金)の金額が銀行口座に振り込まれます。
今回は 689,063円 が振り込まれました。

SBISL不動産バイヤーズローンファンド16号~22号
で遅延が発生しておりましたが、19号については一部を回収したとの事です。
今回の配当にはその回収分と、遅延損害金が含まれていました。




   SBIソーシャルレンディングの投資状況(2018/8/15  現在


 運用中元本金額:5,876,416円
 投資申込中金額:0円


遅延が発生してからは、SBIソーシャルレンディングのファンドには投資していません。
現在は匿名化の為に貸付先がわかりません。
知らないうちに貸付先がに集中していたら困りますし。

A社、B社、C社・・・ 等の記号でも、分散の程度がわかるので良いのですが・・・。(maneo や OwnersBook ではそのような表記をしていますので、制度上の問題はないはずです)

以前、SBIソーシャルレンディングに要望は出したのですが、残念ながら採用はされてません。
しばらくは投資資金の減少が続くと思います。


以上、ありがとうございました。

マクロミルのポイントをTポイントに交換しました


こんにちは。 けんす です。

けんす は、不動産・株式・ソーシャルレンディング等のインカムゲインで生活しておりますが、ポイントも大切にしています。

今日、アンケートサイト「マクロミル」のポイントをTポイントに交換しました!
※マクロミルは、アンケートサイトの大手です。東証一部に上場している会社です。


マクロミルのポイント 2000ポイント
  ↓
Tポイント 2000ポイント


マクロミル ウェブサイトより

ポイント交換履歴の通り、この10ヶ月は安定して2000円分のポイントを交換しております。

Tポイントが2000ポイントあると、welcia薬局で3000円分の買い物ができます!(毎月20日のみですが)

ポイントだけで買い物ができると、お得感があってうれしいですね!
妻は、普段なかなか買えないような高めの商品を買ってます。お金だと買いにくくても、ポイントだと買えるらしい・・・。7000ポイントくらい使ってくることがあります。(10000以上の買い物)
今は8000ポイントくらいありますが、妻にはもう少しあるとうれしいみたい。もっと頑張らねば・・・。
アンケートは全部は回答出来てませんのでもう少しGETできる可能性はあります。(それなりにたいへんですが)

マクロミル以外では、クレジットカードのポイントもTポイントに変えています。
今年(2018年)に入ってからのTポイントでの買い物は合計で53700円分くらいです。Tポイントは36000ポイント程を使った事になります。
50000円以上をポイントだけで買えるのは、けっこう大きいですよね。
welcia薬局が近くにある方、Tポイントお勧めです。

以上、ありがとうございました。


【アフィリエイトリンク】
アンケートサイト マクロミル

TポイントがたまるクレジットカードYahoo! JAPANカード

2018年8月14日火曜日

ソーシャルレンディング分配 (Crowdcredit 20180814)


こんばんは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

本日、ソーシャルレンディング Crowdcredit から分配金をいただきました。




   欧州3か国個人向けローンファンド10号(リスク低減型


出資金額:50,000円
分配額:1,821円 
うち出資金の返還:1,821円
うち利益の分配:0円 ・・・💧
Crowdcredit ウェブサイトより

今月も利益の分配は0でした・・・。
毎月の様に状況の報告書がきます。
内容をみると、状況は改善していません。

【今後の見通し-Crowcreditの添付資料より-
本ファンドにおいては、延滞債権の増加により当初予定していた利息収入を満額獲得することが困難になったため、運用利回りが当初の期待利回りに対して低下することは避けられない状況にあります。
今後、延滞債権発生の推移と Bondora AS による回収事業の進み具合によって実現利回りは非常に大き
く上下することが予測され、場合によっては返済総額が当初出資金を下回る可能性も生じます。



・・・損をする可能性もあるとの事。



   バルト三国自動車リースファンドII10号


出資金額:100,000円
分配額:1,253円 
うち出資金の返還:749円
うち利益の分配:504円
Crowdcredit ウェブサイトより

こちらのファンドにも資料がついてました。
リース料債権の大量買い戻しがあったようです。
長くてわかりにくい文章ですが・・・「ファンド販売時に想定した期間収益を得ることが非常に難しいことを確認しました。」とあります。
雲行きが怪しくなってきた感じですね。

それにしても、Crowdcredit のファンドは当初の想定利回りよりも低下するものが多いですね。




   分配後のCrowdcreditの投資状況


出資金残高:839,472円

はやく Crowdcredit から撤退したいです。
Crowdcredit と LuckyBank の資金が戻ってきたら、株式市場の下落に備えて温存しておこうか・・・とも思います。


以上、ありがとうございました。

2018年8月12日日曜日

ソーシャルレンディング分配(OwnersBook20180810)


こんばんは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

先日、ソーシャルレンディング OwnersBook から配当がありました。



   文京区パーキング第1号ファンド第1回


 元本 200,000円
 利息 770円
 源泉税 157
 税引後利益 613円
OwnersBook ウェブサイトより

このファンドは今年の3月に投資したばかりでしたが、期限前償還となりました。
当初の予定では償還までは約25ヶ月だったのですが、約5ヶ月と大幅に短縮です。
もう少し利息もらいたかったですが・・・。

約5か月間の利息の合計は 3,281円、源泉税の合計は 669円 でした。
税引後の利益は 2,612円 です。





   OwnersBookの投資状況(2018/8/12  現在)


 運用中元本金額:3,339,502円
 投資申込中金額:0円
 口座残高:243,748円
OwnersBook ウェブサイトより


24万円程残高がありますので、早く再投資したいです。
利回り5%程度、期間14ヶ月程度のファンドに投資したいですね。

エクイティ型のファンドは見送りました。
予定利回りは7%と優秀なのですが、期間が3年程度と長い為です。3年後というと、2021年ですからね。オリンピックも終わってしまってるし、経済がどうなるかわかりませんしね。
投資後、途中で逃げることのできないソーシャルレンディングは期間が長いとリスクが大だと思います。

以上、ありがとうございました。


【アフィリエイトリンク】
手堅い案件が多いソーシャルレンディング事業者です。
OwnersBook

2018年8月8日水曜日

ソーシャルレンディング分配(LuckyBank,maneo,LCLENDING)


こんにちは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

ソーシャルレンディング3社(LuckyBank,maneo,LCLENDING) から分配がありました。



   Lucky Bank (2018/8/7分配) 


Lucky Bank は 2018/3/2 に行政処分を受け、現在は多数のファンドで延滞が発生しています。
けんす の運用中資金は705,960円ですが、その内476,020円は延滞となっています。
今回の分配は、正常となっているファンド1件(運用額229,940円)からの分配でした。

Lucky Bank ウェブサイトより


分配の内訳ですが・・・
 元本 0円
 利益 1,464円
 源泉税 298円
 税引後利益 1,166円
Lucky Bank ウェブサイトより


次回(9月5日)の分配予定も1,166円ですね・・・。
このまま延滞にならないでほしいです。

Lucky Bank の延滞となっている多数のファンドの内、一部のファンドでは、不動産担保からの回収が進んでいるようですが、けんす の保有ファンドについてはなにも連絡ありません。



   maneo (2018/8/8分配) 


 元本 411,935円
 利益 55,125円
 源泉税 11,221円
 税引後利益 43,904円
maneo ウェブサイトより

 分配後の運用中資金 10,198,481円
maneo ウェブサイトより




   LCLENDING (2018/8/8分配) 


 元本 0円
 利益 9,520円
 源泉税 1,933円
 税引後利益 7,587円
LCLENDING ウェブサイトより

 分配後の運用中資金 1,869,502円
LCLENDING ウェブサイトより




   今後の方針 


みんなのクレジット、LuckyBank、グリーンインフラレンディングの問題が続き、ソーシャルレンディングは事業者の信用なしでは成り立たなくなると思います。

グリーンインフラレンディングの問題が どこまで影響するかよくわからないため、maneo や LCLENDING は新たな投資をひかえています。

一方、東証一部上場企業 TATERU が運営している TATERU Funding の投資額を増やしています。

TATERU Funding に似たしくみの RENOSY のクラウドファンディングにも応募しましたが、抽選方式で倍率は10倍超になりそうすので、投資は厳しそうです・・・。
RENOSY ウェブサイトより


RENOSY は東証マザーズに上場したので、みんなのクレジット、LuckyBank、グリーンインフラレンディングなどの問題企業よりも信頼性が高く、第1号ファンドの利回りも8%と優秀なので、投資資金が集まったようですね。

抽選方式ではなく、先着方式にしてほしいです・・



以上、ありがとうございました。