2018年10月10日水曜日

ソーシャルレンディング分配(LuckyBank,maneo,LCLENDING 20181010)


こんにちは。 けんす です。

けんす は現在、投資による配当や不動産賃貸による収入で生活しています。

ソーシャルレンディング3社(LuckyBank,maneo,LCLENDING) から分配がありました。


   Lucky Bank (2018/10/10分配) 

 元本 0円
 利益 1,417円
 源泉税 289円
 税引後利益 1,128円

Lucky Bank ウェブサイトより

Lucky Bank では分配金が直接銀行に振り込まれるので、口座の状況は変化なしです。

Lucky Bank ウェブサイトより

延滞ファンド(合計476,020円)の進捗もありません。
資金を拘束されたまま、時間だけが過ぎていきます。
次回(11月6日)の分配予定は1,166円です。


   maneo (2018/10/10分配) 

 元本 800,044円
 利益 46,678円
 源泉税 9,507円
 税引後利益 37,171円

maneo ウェブサイトより

 分配後の運用中資金 10,131,670円

maneo ウェブサイトより

現在、ソーシャルレンディングは7社で投資していますが、maneo の額が極端に多いです。

最近口座を開設した クラウドバンク に問題が無さそうであれば、資金の一部を移動するかもしれません。
リスクの分散は大切ですが、信頼できる事業者に振り分ける必要がありますね。


   LCLENDING (2018/10/10分配) 

 元本 0円
 利益 12,682円
 源泉税 2,571円
 税引後利益 10,111円

LCLENDING ウェブサイトより

 分配後の運用中資金 2,501,096円

LCLENDING ウェブサイトより

LCLENDINGではLCホールディングスの保障付ファンドに投資しています。
以前は不動産担保ローンもあったのですが、最近はLCHD保障付・リファイナンスのファンドが多いですね。
LCホールディングスに問題がないうちは安全性が高いと思っています。


   今後の方針 

とりあえず、10月12日10:00から募集が予定されている SBIソーシャルレンディング の

「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 22号」

に応募しようかと思います。

予定年間利回りが7.2%にUPされてますし。(~前々回は6.5%、前回は7%)
運用期間も約12ヶ月と長くはありません。
募集額が15億円と多いので、問題なく応募できると思います。
怖いのは借手が重なる事ですね・・・例えば、前回の21号の主要な借手と今回の22号の主要な借手は同じ事業者なのか?異なるのか?
同じ事業者であれば、リスク分散的には△です。
匿名化問題の改善まで、SBIソーシャルレンディングではこのリスクを受け入れるしかないのか?

10月12日10:00からの
「SBISLバイオマスブリッジローンファンド5号」
は見送ります。
運用期間23ヶ月は長いです。


以上、ありがとうございました。


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
↑ランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。

【アフィリエイトリンク】
SBIグループのソーシャルレンディング事業者です。 お薦め!
SBIソーシャルレンディング

手堅い案件が多いソーシャルレンディング事業者です。 お薦め!
OwnersBook

証券会社が提供する融資型クラウドファンディングです。クラウドバンク

0 件のコメント:

コメントを投稿